血流を改善|黒酢のサプリは健康食品の代名詞|低分子コラーゲンにも注目

黒酢のサプリは健康食品の代名詞|低分子コラーゲンにも注目

男の人

血流を改善

女性

摂取する際の注意点とは

サポニンは、植物の茎や根に含まれる成分で、主に動脈硬化の原因である血栓の発生を抑制する働きがあります。大豆などのマメ科の植物や、高麗人参などにも含まれています。口に含むと苦さやえぐみを感じます。このサポニンを摂取する際に気をつけておかなければならないことは、他の栄養成分にも同様に言えることですが、過剰に摂取しないようにしなければなりません。サポニンを過剰摂取すると、赤血球が溶け出す溶血という症状が現れたり、吐き気などを催すことがあります。このよう影響を知ると不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、普通に摂取している分には問題ありません。大豆に含まれる大豆サポニンの場合、1日に100mgが目安です。

サポニンの効果を知っておこう

サポニンの栄養効果として、先ほど血栓を予防する効果があると説明しましたが、他にも様々な効果があります。サポニンは脂肪を蓄積するのを抑え作用をすることから、コレステロールや中性脂肪を減らし、肥満や高脂血症などの病気を予防することができます。また、殺菌、抗菌作用があることから、ウイルスなどの細菌から体を守るナチュラルキラー細胞を活性化し、免疫力を高める働きがあります。ちなみにサポニンは、この殺菌作用があるほか、水に溶けると泡立つことから、昔の人はサポニンが含まれる植物を石けんのように使用していたそうです。このサポニンですが、毎日の食事から摂取するのが難しい人は、サプリメントで摂取することもできるので、自分に合った方法で継続的に摂取できるタイプのものを選びましょう。